Wii Uソフト|Wii U ゲームパッドを活用した3つのゲーム

ホームサイトマップ


Wii U ゲームパッドを活用した3つのゲーム

※これは2011年の記事で古い内容となっています。最新のWii U ゲームパッド情報もあわせてご覧ください。

Wii U ゲームパッドは、傾きや動きを感知するモーションセンサーとジャイロセンサーのほか、タッチスクリーンの液晶がついています。この液晶が、これまでのゲーム機ではできなかった革新的な遊び方を実現します。その一例を紹介しましょう。

かくれんぼ

一定時間内に、プレイヤーAがステージのどこかに隠れます。この様子はプレイヤーA手元の液晶にのみ映し出され、テレビ画面には映らないようになっています。隠れ終わったら、他のプレイヤーはプレイヤーAの隠れた場所を手分けして探すことになります。コントローラごとに独自の画面を持つWii Uならではの遊びです。

望遠鏡と盾で矢を防ぐ

テレビ画面には海賊船が遠方に表示されます。手元の液晶は望遠鏡になっており、海賊船上の船長とその部下がどこの方向に矢を放つのか話し合っている様子が見えます。次の瞬間、テレビ画面に矢が飛んでくるのが映し出されるので、コントローラを盾に見立ててうまくガードします。液晶だけでなく、傾きを感知するモーションセンサーをうまく組み合わせたゲームとなっています。

戦闘機を撃墜

プレイヤーAは戦闘機となります。液晶には地上を見下ろしたグラフィックが表示され、うまく照準をあわせてミサイルを発射、地上のプレイヤー達を爆撃します。地上のプレイヤーは、旧機種WiiのコントローラであるWiiリモコンを銃に見立てて、プレイヤーAの戦闘機の撃墜を試みます。Wii UはWiiのコントローラと互換性があるだけでなく、このように新コントローラと組み合わせた遊び方も可能なのです。

これらは2011年のゲームイベントE3で発表された情報ですが、どれも今までのゲーム機では実現できなかった遊び方であり、これからWi Uの参入メーカーがどのように活かした遊びを考えてくるのか、期待が持てる内容となっています。 Wii U ゲームパッドは、誰も想像し得なかった新しいプレイ方法が登場するかもしれない、無限の可能性を秘めています。

トップページに戻る

ホームサイトマップ