Wii Uソフト ニンテンドーランドの特集

ニンテンドーランド 特集

任天堂の仮想テーマパークで、Miiを使って12種類のアトラクションが遊べる本ソフトは、Wii U ゲームパッドをフル活用した、Wii Uの入門用といってもいいソフトになっています。各収録しているゲームは「ミニ」ゲームとは呼ばれず、それぞれが1タイトルとして独立しても良いほど作りこまれています。

チームアトラクション

みんなで協力して楽しむアトラクションですが、1人でも楽しめます。人数によって難易度が自動調整されるため、どの人数でも魅力を堪能できるようになっています。

ゼルダの伝説バトルクエスト

ゼルダの伝説バトルクエストアクションアドベンチャー「ゼルダの伝説」をモチーフとするアトラクション。Wiiリモコンのプレイヤーは剣で、Wii U ゲームパッド プレイヤーは弓で攻撃でき、最大4人でプレイできます。剣や弓を当ててランプの光を灯すと先に進めるなど、ゼルダらしい謎解き要素も登場し。敵をみんなでメッタ切りにするなど、みんなとわいわいプレイする、いつもとはひと味違ったゼルダを楽しむことができます。Wii U ゲームパッドのみでプレイするタイムアタックモードも搭載。

ピクミンアドベンチャー

ピクミンアドベンチャー謎の生物ピクミンを率いて巨大な敵を圧倒するソフト、ピクミンが題材。Wii U ゲームパッドのプレイヤーは主人公オリマーとピクミンを、その他のWiiリモコンプレイヤーはオリマーと同じサイズのMiiのピクミンを操作します。Miiピクミンはオリマーが投げるのではなく、頭の葉で攻撃できるようになっています。敵が落とすアメ玉を集め、その数で競い合う2〜5人対戦モードも搭載。

メトロイドブラスト

メトロイドブラストSFシューティング「メトロイド」をモチーフとしたアトラクション。サムス役は、Wiiリモコンを使って地上で銃を武器に戦い、空を飛ぶスターシップ役はWii U ゲームパッドで戦います。通常の強力ミッションでは、1〜5人でのプレイが可能。2〜4人の協力対戦では、スターシップとサムスチームに分かれて戦う空対陸の戦いが繰り広げられます。2〜4人で全員サムスを操作する地上対戦では、Wii U ゲームパッドを全員で使うレーダーの役割(近くに立てかけてみんなで確認する)を果たします。

対戦アトラクション

2~5人用の、対人プレイができるアトラクション。

マリオチェイス

マリオチェイスWii U ゲームパッドのマリオがMiiのキノピオたちから逃げる、鬼ごっこ形式のアトラクション。キノピオのプレイヤーはWiiリモコンを使って最大4人で操作し、マリオの捕獲を目指します。 キノピオ役が一人のときは、ヨッシーカートが出現し、プレイをサポートしてくれます。 マリオ役は液晶から全体マップとキノピオの動きを確認でき、一定時間キノピオを蹴散らせるスターなどのパワーアップアイテムも用意され、対戦を盛り上げます。

どうぶつの森 キャンディーまつり

どうぶつの森 キャンディーまつりWiiリモコンのプレイヤー4人がどうぶつを操作してキャンディーを集め、5人目のWii U ゲームパッドプレイヤーがモンバンとなってキャンディー集めを妨害する対戦モードが収録されています。モンバン役は、Wii Uゲームパッドの左右2つのスティックで2人のモンバンを操作します。モンバンが3回どうぶつを捕まえればモンバンの勝ち、どうぶつたちがキャンディーを100個集めればどうぶつたちの勝ちになります。モンバン役は自分の液晶でどうぶつのプレイヤーたちより広い範囲を見渡せるようになっています。液晶はモンバン役自身にしか見えないため、遠くから回り込んでどうぶつを挟み撃ちにしたりするなどの戦術を取ることができます。

ルイージのゴーストマンション

ルイージのゴーストマンションGCのルイージマンション風の、4人の人間がオバケ(Wii U ゲームパッドプレイヤー)を探すアトラクション。オバケ役プレイヤーは液晶で自分を見ることができ、触れた人間を驚かせて気絶させることができます。人間全員に触れて気絶させれば勝利となります。

人間は懐中電灯の光を当てないとオバケが見えないようになっていますが、オバケが近づくとコントローラが振動するので、それを頼りにオバケを探し当て、光を浴びせ続けて倒します。倒れたプレイヤーに光を当て続けると復活させることもできますが、懐中電灯には電池残量が設定されているので、使い時に注意する必要があります。電池はステージ内にありますが、回収しようとするとゴーストの格好の餌食になります。なお、オバケに気絶させられてもコントローラの振動機能は残るので、倒れていても他のプレイヤーに危機を知らせることもできます。人間プレイヤーが3人以下のときは、モニータが人間の仲間に加わってくれます。

ミニアトラクション

1人でWii U ゲームパッドを使って遊べるアトラクション。

ドンキーコングのクラッシュコース

ドンキーコングのクラッシュコース初代ドンキーコング(FCソフト)風の、滑車を転がしてゴールに導くアトラクション。プレイヤーはWii U ゲームパッドを傾けることでステージそのものを傾けることができ、ぶつけないよう傾き加減を上手く調整しながら滑車を走らせ、バナナを回収しつつゴールを目指します。TV画面にはコースの全体が、液晶には自分の近くだけが表示され、状況によって視線を切り替えつつプレイします。L・Rボタンで動作するフリッパ—、一定時間で傾きが切り替わる足場など、ピンボールのような仕掛けが行く手を阻みます。

鷹丸の手裏剣道場

鷹丸の手裏剣道場謎の村雨城をモチーフとするアトラクション。液晶には手裏剣が表示されるので、Wii U ゲームパッドを水平に持って液晶の上で手をスライドさせ、手裏剣をTVに向かって投げる動作をします。すると液晶の手裏剣が飛ぶアニメーションとともにTV画面で手裏剣が敵に炸裂し、本当に手裏剣を投げているかのような感覚が味わえます。敵からの攻撃は、Wii U ゲームパッドを垂直に持つことで回避します。

ヨッシーのフルーツカート

ヨッシーのフルーツカートタッチスクリーンに描いたラインに従って動く、ヨッシーカートを操作するアトラクション。沢山フルーツをゲットして、上手くゴールまで誘導します。液晶にはフルーツやゴールが表示されないので、TV画面でそれらを確認しつつ手元でうまくラインを描けるかが鍵になります。

オクトパスダンス

オクトパスダンスゲーム&ウォッチのオクトパスをモチーフとしたアトラクション。最初にお手本のダンスが表示されるので、そのとおりにダンスできるかどうかで勝負します。振り付けは、Wii U ゲームパッドを振ったり、スティックを傾けるなど様々。液晶には、TV画面とは違うアングルからのダンス映像が映し出されます。

キャプテンファルコンのツイスターレース

キャプテンファルコンのツイスターレースF-ZEROをモチーフとした、12のステージをクリアしていくレースが楽しめます。マシンは自動走行するので、プレイヤーはカーブの操作のみを、Wii U ゲームパッドを傾けることで行います。ステージには加速パネルや罠など、様々な仕掛けが登場し、プレイを盛り上げます。

バルーントリップブリーズ

バルーントリップブリーズFCのバルーンファイト風の、空中を飛んで風船を集めていくアトラクション。空中に浮かぶ風船をタッチ操作することで風船を取得し、キャラクターをタッチすることで風を当てて障害物や敵の回避ができます。荷物を持って飛ばねばならなかったり、風が吹いているステージなども登場し、最終的に海を隔てられた孤島に向け進んでいきます。

ショップの売り場へ このように、それぞれ任天堂のソフト独特の個性が出ています。名作がWii Uの新しいプレイスタイルでよみがえり、懐かしさとともにWii Uの新しさも感じることができます。Wii Uの魅力がとことん詰まったこのソフトは、家族や友達と共有することでさらなる面白さを発揮します。

  

ホームサイトマップ