Wii Uのソフト ピクミン3特集

ピクミン3 特集

ピクミン 宇宙飛行士オリマーとなって未開惑星に降り立ち、植物のような生物ピクミンの軍団を率いて巨大な生物を倒す、ピクミンの3作目がWii Uで発売されます。ソフト開発期間は5年に及んでおり、シリーズのクオリティの高さから期待が高まる本作の、最新情報をお届けします。

グラフィックが進化し没入感アップ

年輪も見える切り株、水滴が付いた木の葉、草がまばらに生えた地面など、すべての物がHD画質で鮮明に描き出されます。従来は、解像度の低さからカメラの位置を離すとピクミンが見づらく、しかし離さないと全体が見づらいという問題を抱えていましたが、これが高解像度化によって解決。 プレイ中は、そこがゲームのステージであることを感じさせず、まるで本当の森の中で繰り広げられている冒険のように楽しめます。手前にあるものにはボケがかかっており、設定どおりのキャラクターの小ささを再現。小さなジオラマをカメラからのぞいているようで、プレイの没入感がアップしています。

HD画質となったグラフィック

新たな操作で増す戦略性

カーソルをあわせて狙い撃ち前作のWiiリモコン + ヌンチャクのプレイスタイルも改良されています。ヌンチャクを振ってピクミンに突撃命令を与えることができるほか、カーソルをポインティングした位置にピクミンを一点集中で投げつけることが可能となりました。Wiiリモコンプラスでの細やかな位置調整と、攻撃したい位置を狙い撃ちできるようになったことで戦略性がアップしています。Wii U ゲームパッドでの操作にももちろん対応。液晶にステージの広範囲を見渡せるマップが表示され、タッチした箇所にピクミンを配置できます。これにより、従来より配置をすばやく行えるようになっています。また、ポインタを敵や宝にあわせるとそのステータスなどの詳細を表示できるほか、ピクミンを投げようとすると、その軌道が表示されるようになるなど細かい点も改善され、思い通りのプレイがしやすくなっています。

オリマー引退?新たな4人の主人公

前作では2人だった操作キャラクターが4人に増加。1つのステージを4人で分かれて行動し、操作対象のチームを切り替えつつプレイします。前作までの主人公オリマーはストーリーに関わるだけで、その家族と思しき4人のキャラクターが主人公となります。4人のキャラクターについて詳細は明かされていませんが、もともとオリマーには妻・娘・息子・ペットがいるので、ついに今作でプレイヤーキャラとなるのかもしれません。さらに、主人公が別の主人公を投げることができるようにもなりました。ピクミンより体重が重いからか飛距離は出ませんが、川の向こう岸など、移動不能な場所を越えさせ、対岸で作業させることができます。そしてこんな時に役立つのが、Wii U ゲームパッドの液晶を使ったマップ閲覧。4人がどの位置で行動しているかをすぐ把握できるので、より戦略を練りやすくなります。

新登場・岩ピクミンの使い方

岩ピクミン デコボコで見るからに硬そうな右のピクミンは、防御力の高い敵に対して効果がある岩ピクミンです。一部の原生生物が着ている甲羅を壊して通常のピクミンでの攻撃が通るようにできます。また、水晶を破壊して中にある宝を回収したり、行く手を阻む特定の壁や岩を粉砕することもできます。本作では、この岩ピクミンを使う、水晶で覆われたような敵や仕掛けが随所に登場します。

実際にステージがプレイできた2012年のE3では、通常のピクミンと岩ピクミンどちらを投げるかはCボタンで変更でき、この切り替えをうまく行えるかが重要となるステージが用意されていました。これまでのピクミンは色だけで種類が分かれていましたが、このピクミンは形から違い、色以外の違いを持ったピクミンがほかにも出てくることを予感させます。

チャレンジモードがさらに戦略的に

制限時間内にフルーツをとにかくたくさん回収しなければならない、恒例のチャレンジモード。今回はプレイ後に自分の行動をリプレイで確認でき、次の戦略を考えやすくなっています。

まだある?追加ピクミン

任天堂からは特に説明されていませんが、プロモーション映像には羽が生えたピンクのピクミンも登場しています。さらに、ハスの葉の上に載って池を渡るピクミン達と、その上を飛ぶトンボのような敵(?)が現れている映像も。羽ピクミンは、そんな空中にいる敵と戦うのに役立つのかもしれません。なお、前作で追加された、体が大きな紫ピクミンと小さな白ピクミンは引き続き登場することが決定しています。

羽ピクミンをはじめ、まだまだ多くの新要素が搭載されるであろう本ソフト。発売は2013年春(北米では3/31までに発売)に予定されており、近いうち新情報が出る可能性もあります。このページは今後も、新情報が公開され次第、更新していきます。
※一足先にWii Uのピクミンがプレイしたい方には、ニンテンドーランドに収録されている「ピクミンアドベンチャー」がおすすめです。

ホームサイトマップ