Wii Uソフト|Wii Uの発売シーズンが決定。その他1月の情報まとめ

ホームサイトマップ


Wii Uの発売シーズンが決定。その他1月の情報まとめ

任天堂は、Wii Uを2012年の年末商戦シーズンに発売すると発表しました。通常クリスマスシーズンには、プレゼントとしての需要が高いためゲームハードの売り上げが向上しますが、海外では日本よりも売れ行きが伸びる傾向にあり、これを見越してのものです。

また、Wii Uの名称変更を検討中であるという情報も。Wii Uは完全新規ハードなのですが、名前に「Wii」と入っていることもあり、「コントローラだけが新しくなったWii」、つまり単なるバージョンアップだと勘違いされてしまう(ニンテンドーDS→ニンテンドー3DSでも同様の反応があった)のを避けるためです。このため、変更されるとした場合は「Wii」という名前は入らず、完全に別名称となることが予想されます。

コントローラ

ネットワークにおいては、NFC(近距離無線通信)を搭載、少額決済やICカードに対応することが決定。つまり、コントローラにICカードをタッチするだけで決済ができるということになります。日本では普及済みのNFCですが、海外はまだ浸透していないため、これから注目されるであろう機能を先取りするということでしょうか。

加えて、ニンテンドーネットワーク(ニンテンドー3DSとWii U 共通の全ネットワークサービス)に対応した個人アカウントシステムが導入されます。一台ごとにアカウントがつくことにより、1台を複数の家族が共有する上での使い勝手が向上、より便利なサービスの提供が期待されます。

今年1月に行われたCES(アメリカ最大の家電展示会)ではWii Uが出展されるも、新情報はありませんでした。次回の新情報のお披露目は6月のE3(ロサンゼルスで行なわれる世界最大のゲーム見本市)。でWii Uの完成形が発表されることになっています。まだまだ情報が隠されているWii U、その完成形ははたしてどのようになっているのでしょうか?

トップページに戻る

ホームサイトマップ