Wii Uソフト スマブラ特集

大乱闘スマッシュブラザーズ スマブラ特集

イラスト任天堂のキャラクターがハチャメチャな大乱闘を繰り広げる人気ソフト「スマブラ」がWii Uに登場します。その名も「大乱闘スマッシュブラザーズ Wii U」。2013年のE3で情報がようやく公開となったので、どんな内容なのか見ていきましょう。

本作は3DS版と同時発売となり、Wii U版は据え置きハードのテイスト、3DS版は携帯ゲーム機のテイストと、それぞれが違った内容に。海外のプレイヤーが予想していた連動機能やキャラクター育成機能やなどはあるのでしょうか?まだキャラクターが紹介が軽くされただけなので、今後の続報への期待が高まります。

  参戦キャラクター
Newロックマン ロックマンシリーズより参戦。エグゼやゼロではなく、初代である。倒されるとあの「ティウンティウン」音が出るなど、効果音があえて当時のままなので、ファンにはうれしいところだろう。武器はロックバスターやチャージショットだけでなく、メタルブレードなどに武器チェンジも可能。やはり遠距離攻撃主体のスタイルとなるのだろうか。海外の熱烈なファンはロックマンが出ることを一年前から予測していたが、見事に的中した格好となった。
Newむらびと どうぶつの森より参戦。元のゲームが様々なものを集める内容なので、植木鉢、斧、パチンコ、虫取り網、花火など色んなものを取り出して戦うスタイルとなる。 なんでも拾うクセまで健在で、マリオのファイアボールなど、敵の投げてきた武器をキャッチして一回だけ投げ返すことも可能。 だが、見た目は完全に子供。実力は果たして…?
NewWii Fitトレーナー Wii Fitから驚きのキャラクターが参戦。予想できた人はまずいないだろう。ブロンズ像のようなイメージで、個性あるキャラクターが多い本作の中でもかなりの異彩を放っている。バトルスタイルはなんとフィットネスで、腕立てなどの運動がそのまま攻撃になる。
マリオ もはやお馴染み。今回はどのようなパワーアップを見せてくれるのだろうか?
ドンキーコング Wii UのHD映像によって毛並がかなりリアルになった。
クッパ マリオいるところクッパあり。
フォックス スターフォックスシリーズより参戦。
リンク ゼルダの伝説シリーズより参戦。
ピカチュウ ポケットモンスターシリーズより参戦。
カービィ 星のカービィシリーズより参戦。
サムス シューティングゲーム・メトロイドシリーズより参戦。スーツの中身は女性である。今回はWiiで発売されたアザーエムのデザインとなった。
ピット パルテナの鏡より参戦。新パステナのデザインに近くなりダッシュアッパーなどの必殺技が追加された。

決定している要素

3DS版とWii U版が同時に発売され、それぞれの垣根を越えた対戦が可能。60フレームのHD画質でゲームが楽しめる要素を重視しつつ、従来とは少し違うソフトとなって登場します。もちろん新キャラクターも追加され、究極のオールスターゲームになるとされています。 システムに関しては、前作時点で完成形となっているので大幅な変更はないとしています。操作に関しては、従来のゲームキューブコントローラではなくWii U ゲームパッドを用いたスタイルに変更。Wii Uといえばやはりゲームパッドなので、これをどうプレイに活かすのかの続報が待たれます。

開発はバンダイナムコゲームスが担当。その狙いは?

今回の開発はバンダイナムコゲームスとバンダイナムコスタジオにより行われます。これについては2つの狙いが考えられます。まず、バンダイナムコの所有する仮面ライダー、ガンダム、テイルズなどの豊富なキャラクターが参戦する余地が生まれるということ。前作では、他社キャラクターがスネークとソニックだけでしたが、今回は「究極のオールスターゲーム」というコメントもあるため、多くの有名キャラクターを持つバンダイナムコを選んだと考えられます。ただし、大幅な他社キャラクターの追加はゲームのコンセプトが分かりづらくなるというコメントも出ており、追加するキャラクターの選択は慎重に行っている模様です。キャラクターが増えるとなると、Wii U ゲームパッドのNFC機能を用いた、フィギュアを読み込ませてのキャラクター追加機能を活かすことも考えられます。 キャラクターが発売後も追加されていけば、ダウンロードコンテンツとは毛色の違ったコンテンツ(データにお金を払うのではない)提供が実現することになります。

次に、鉄拳やソウルキャリバーなどの格闘ゲームの制作経験が豊富な会社であり、優秀なスタッフが揃っている点です。 開発チームについては、桜井氏を中心とし、ディレクターはテイルズシルーズの樋口氏、スタッフもソウルキャリバーや鉄拳などの制作者が参加すると発表されています。 3D格闘ゲームで多くのファンを獲得した手腕は、新作の「スマブラ」でも活かされることでしょう。

脱線コラム:まるで本物?海外のスマブラファンが作った偽パッケージ

以前、海外サイトで「大乱闘スマッシュブラザーズ スマブラ特集 ユニバース」と書かれた下の画像が出回りました。当初は、クオリティの高さに本物と勘違いする人が続出。 パッケージ裏面には新要素の説明まであり、それも本当に実現されるかもしれないようなものばかりです。ここからは、ゲームの特集記事から少し脱線しますが、この偽物の内容もご紹介します。 中には、ロックマンの参戦など的中している要素も。

パッケージ表パッケージ裏

よく見ると、ゼルダの伝説のギラヒムのほか、カプコンのロックマン、セガのソニック、UBIソフトのレイマンなどのイラストが確認でき、他社キャラクターの割合はますます強くなっているのが分かります。

成長要素

ステータス画面力や素早さなどのステータスが加わり、それらを強化していくことができる成長機能を追加したと書かれており、同時発売の3DS版と連動して外出先では3DSで、室内ではWii Uでいつでも楽しむことができるとしています。 3DCGやデザインクオリティが高いため、思わず「そうなんだ」と納得させられそうになりますが、あくまで偽物です。

自分の星を持つ

自分の星外観をカスタマイズ可能な星を持つことができ、そこで友達とコミュニケーションを取ったり、バトルの申し込みをしたりできるとしています。恐らくタイトルの「ユニバース(宇宙)」はここから来ているのでしょう。オンラインのトーナメント対戦も搭載。Wii Uは世界中のリビングをつなげるというコンセプトがあるので、「本物」のスマブラにもこれに似たような世界中の人とのプレイが楽しめる要素があるかもしれません。

タイトルも決まっておらず、まだ謎の多い今回のスマブラ。 はたして最終的にどのように楽しめるソフトになるのでしょうか。 今後も新情報が発表され次第、このページを更新していきます。

ホームサイトマップ